星降る夜に

星降る夜に5話 忍び寄る5年前の悪魔…!鈴と一星の距離も縮まる

星降る夜に5話あらすじネタバレ

「鈴が好き」、「私も一星が好き」とお互いに好き合う気持ちを確認した、雪宮鈴(吉高由里子)と、柊一星(北村匠海)。

その矢先、マロニエ産婦人科医院の同僚、佐々木深夜(ディーン・フジオカ)から、鈴に緊急連絡が入りました。

一星の親友、佐藤春(千葉雄大)の妻、うた(若月祐美)が陣痛を訴えたのです。

慌てて病院に駆けつけて処置に取り掛かる、鈴。

妻の苦しむ姿に混乱する、春。

音のない世界で生きる一星は、一人、目の前の状況を理解することができずに立ち尽くします。

「うたが死んだら俺は…っ!」

うたのことで混乱する、音が聞こえないことに戸惑う、春。

一星は、愛する人を、親友を助けたい、だけど自分は無力だと感じます。

うたは深夜から翌日、激痛の原因が盲腸だと診断され、安定して眠ることができました。

鈴は父親としても夫としても無力を感じる、春を励ましました。

かつて、鈴も自身の無力さを感じているものの、自分と妻の状況を比較する必要はないとフォロー。

一方、妻の妊娠をきっかけに、一星と価値観の違いから、気まずくなった、一星。

マロニエ産婦人科医の公式SNSに、「雪宮鈴は人殺し」という物騒なコメントが書き込まれました。

鈴の脳裏には、かつて大学病院を追われるきっかけとなった、医療事故の記憶がフラッシュバック。

そんななか、みんなの状況を知らない院長の麻呂川(光石研)は菜の花を摘んで戻ってきたことを笑顔で報告する能天気ぶり。

仕事では無理をしていた当時の雪宮。

搬送先が見つからない同期から、ある女性患者を担当してほしいと頼まれました。

彼女、伴七海は重傷で、DICの状態で、亡くなりました。

裁判の傍聴席で、七海の夫、伴(ムロツヨシ)はまだ乳児の娘を抱きながら怒鳴り散らしました。

「黙れ人殺し!七海を返せ!」

伴七海は、搬送先が見つからず、母体と胎児共に危険な状態でした。

過去を知らない看護師の蜂須賀(長井短)や、犬山鶴子(猫背椿)らの前では気丈に振舞う、鈴。

内心は不安で心がいっぱいの彼女を気に掛ける、深夜。

「大丈夫じゃない時は大丈夫じゃないって言って下さい。頼りないかもしれませんが」

その優しい言葉に、張り詰めていた糸がほどけて、涙がこぼれる、鈴。

麻呂川は蜂須賀(長井短)、鶴子(猫背椿)、伊達麻里奈(中村里帆)に鈴の5年前の過去を話しました。

そして、それを承知で鈴を雇ったこと、今は鈴への誹謗中傷に落ち込むのではなく、みんなでいつもと変わらぬ日常を過ごすことを告げるのでした。

一方、その日を境に何かに怯えるようになった鈴。

鈴は帰り道が不安になり、誰かにつけられていると恐怖を感じます。

正体は一星で、安堵と不安が入り混じって泣き出す彼女を車に乗せた、一星。

鈴の状況を産婦人科医院のスタッフルームで確認した、深夜。

チャーリー(駒木根葵汰)が横入りして茶々を入れつつ、彼は佐々木が恋をしていると勘違い。

目の当たりにした一星もまた、彼女を懸命に守ろうとします。

「鈴は俺が守るよ」愛する一星に抱き締められ、束の間の安心感を得ます。

しかし、心配して追いかけた深夜と一星が鉢合わせ。

一星は、ライバル心をむき出しにして、佐々木に喧嘩を売りました。

「このすけべやろう!鈴の周りをうろうろしやがって」

しかし、鈴のことをとられたように思う一星は、佐々木が鈴の同僚だと聞いても嫉妬が隠せません。

佐々木は手話を使って、一星に伝え、鈴と一星を姉弟と勘違い。

鈴と一星の様子を見て、佐々木は、「弟さん、お姉さんを守ってね」と手話で伝え、鈴を守り合う者同士としてハグ。

鈴は一星と互いに好きだと伝え合って別れますが、鈴を盗撮して車で通り去る者が…。

翌日、一星は職場で春(千葉雄大)、桃野(若林拓也)と昼食。

桃野は自分の依頼人の話をしますが、一星と春はなかなか話せません。

しかし、その夜、一星と春は互いに謝って仲直り。

春が鬱状態だった頃、一星が隣家の遺品整理士として担当。

一星に手話を教えてもらいながら徐々に、誰かと話す喜びを教えてもらった春。

「お前のおかげで俺は変わる事ができたよ、あんなこと言って本当にごめん」

春は一星に妻の妊娠についての不安から、「お前みたいに耳が聞こえないと楽しく生きていけて良いよな」と言ってしまったことを詫びます。

「俺がなんでも聞いてやるから」

「立ち直れたのは一星のおかげだよ」

「俺は家のことだって幸せにできないのに、子供の父親になる事が不安なんだ。」

「うたがそういったの?」

「違う、うたと向き合って話すのが怖いんだ」

「うたはそう思っていないよ。自分の言葉で伝えてみて」

翌朝。

病院で、春はうたと話すことから逃げていた事、子供の件をどうしたいか、うたの気持ちを聞きます。

「妊娠も出産も初めてで怖い、仕事も続けたいし、自分が親になれるか自信がないよ、生活が変わるのが怖い。でも今は・・・お腹の子を殺すことなんて考えられない」

「うん」

「俺もなんだ」

「あのね、おじいちゃんとおばあちゃんになっても風呂で熱燗飲んで暴れたい。息子の家族になってもいいかなって思えてきた。なんとなく、知らんけど(笑)春に似た、可愛い顔をした息子…」

「うたに似ていると良いな」

「ねぇ春?この子、産んでも良い?」

「うん、親ってやつに一緒になってみようか」

しかし、伴のSNSは加速し、鈴の家の前には「人殺し」、一星と佐々木といるところも盗撮されて投稿されたこともあり、「二股女」「死ね」などと書かれたビラが。

一星の遺品整理会社「ポラリス」でも、社長で同じ手話教室に通う鈴の新たな友人となった、北斗千晶(水野美紀)、桃野(若林拓也)、服部洋美(宮澤美保)、岩田源吾(ドロンズ石本)が、鈴に関するSNSを発見。

鈴のことが居ても立っても居られず、一星は職場を飛び出して鈴の元へ急ぎます。

案の定、鈴の自宅前には好奇心の人だかりができ、さらに、鈍器が投げ込まれました。

一星は佐々木が先に到着して鈴を守っている状況に苛立ちます。

「なんで俺に連絡しなかったの?俺が聞こえないから?俺が年下だから?確かに俺は音も鈴が泣いている声も聞こえないよ・・・俺ってそんなに頼りないの?」

一星との間にギクシャクした空気が流れます。

鈴は深夜が、レンガが投げ込まれた時に鈴を庇った傷を手当してもらいます。

そして、うたの退院を見送りました。

その日、一星は鈴に謝り、鈴と会う日が決まって職場では有頂天で踊ります。

そんな彼を見守る、北斗や服部。

高校生の北斗の一人娘、桜は一星の事が実は好きなのです。

出かけるついでに車に乗せてもらうことを頼んだ桜は、停車した際、桜は一星にキス。

一星と待ち合わせの為にその場所へ向かった鈴は、ショックを受けます。

星降る夜に5話感想・みどころ

鈴に忍び寄る5年前の過去。

鈴の責任でないにもかかわらず、元勤務先の病院も鈴を一方的に責め、伴七海はDICが原因で大量出血の上、死去。

愛する存在を失い、幼い乳児の娘と取り残された伴の怒りとショック、喪失は感情が複雑になる程、わかります。

だけど、鈴を裁判の席で、「黙れ人殺し!」と責めるのはひどすぎますよ。

ムロツヨシさん演じる伴の罵声が怖すぎますよ。

鈴の家やプライベートを突き止めてSNSに張り、鈴の自宅まで特定して徹底的に追い込む心理攻撃が何よりも彼の人間性の闇を感じましたね。

これから伴の攻撃がじわじわと、鈴に忍び寄るカウントダウンではないでしょうか。

深夜や一星、鈴を守ってあげてほしい。

「人殺し」という言葉がフラッシュバックするほど、鈴は結果、心的外傷を負っていてつらかった。

佐々木深夜が白衣を着た鈴に自分の白衣をかけ、「大丈夫じゃない時は大丈夫じゃないって言って下さい、俺は頼りないですが」と声掛けたシーンは温かい。

鈴を一人の女性として大切に見守る一星。

しかし、耳が聞こえない自分は鈴を守るために音を感じることができない不甲斐なさが伝わりました。

鈴に対し、「俺は耳が聞こえないから?年下だから?俺はこんなに頼りないの?」と思いを泣きそうになって訴えるシーンは切なかったですね。

それでも、鈴とは思いが通じ合ったり、春と和解することができて良かった。

妻、うたの妊娠と自身のうつ状態からの親になる葛藤に苦しみ、耳の障がいがある一星に絶対言ってはいけない言葉を投げ付けてしまったことを詫びた、春。

一星が寛大な心で、春の心の不安に気づけた展開は心が温まりました。

春が、うたと共に子供の親になることに前向きになれた場面も、涙が出るくらい感動しました。

一星と春が出会い、互いの足りないところを補って絆を深めたからこそ、春もうたの前で本当の自分になれたのかなと思いました。

ラストで、鈴がウキウキで一星の元へ仲直りして向かうけど、実は一星のことが幼い頃から知っていて、今や片思いの対象になった、桜。

養母の千晶譲りの気さくさと持ち前の明るさでいつも通り声を掛けてから、一星に信号待ちを利用してキス…!

知人とはいえ、桜の行動にショックを受ける、鈴の恋の変化がざわざわする5話でした。

 

 

 

 

 

 

data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">
data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください