Uncategorized

病室で念仏を唱えないでください8話 濱田の黒い思惑と松本照円の正義

病室で念仏を唱えないでください8話あらすじネタバレ

あおば台緊急救命センターでは、松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)らは、ペースメーカーを入れた生活保護受給者が短期間に数人見つかったことに疑問を感じていました。

児嶋(松本穂香)にその出現の調査を依頼。すると、全ての患者があおば台病院の同じ医師によって、オペされていたことが発覚します。当然、心当たりがある主、濱田(ムロツヨシ)に問いただしました。

一方、濱田は医療コンサルタント、長谷(渕上泰史)からの電話で、心臓外科学会の理事長、大貫(きたろう)の孫、美咲が重度の心臓病で入院していることを知ります。

そこで、あおば台病院に転院させて手術が成功すれば、医師会を後ろ眉にして、小児ハートセンター設立に繋げられるといわれていました。

慶次(泉谷しげる)は、ガンの治療に向き合い、診察を受けていました。付き添う照円は、彼の状態の深刻さに胸を痛めながら、「治験薬でもいいので、可能性にかけたい」と訴えます。

その頃、ひき逃げ事故に遭遇した、女性患者(白石糸)が運ばれてきました。彼女は搬送後、2日経過しても家族からの問い合わせがないことや、彼女がシングルマザーで家に乳幼児が一人取り残されている可能性が。しかし、児嶋がある矛盾点に気付き・・・。

母の川崎百合子(大西礼芳)、祖父の大貴に付き添われ、美咲が転院してきます。

濱田の次に優秀とされる田沼が手術を担当することになりますが・・・。

ペースメーカーが入れられている患者はすべて、あおば台病院で手術を受けた経験があり、MD電子という企業の特殊なペースメーカーはなかなか手に入りにくい高価なものでした。

それをあおば台病院で患者の手術中に入れたのは、濱田でした。照円はすぐに彼がピンときたのです。

3人の患者はすべて生活保護受給者で、不整脈はありません。

濱田はすぐ、松本に謝ります。子ども時代に心臓疾患で手術を受けたことのある彼は、小児用ハートセンター設立に繋がるように、生活保護者で心臓に疾患を抱える患者に声をかけ、ケアし、ペースメーカーを手術中に入れることを繰り返していたのです。

松本はここで、珍しく自分のミスを認め、人の命のために最善を尽くしたい彼の気持ちを汲み取ったのでした。

照円とぶつかってから、美咲ちゃんというとても幼い女の子を担当することになった濱田。濱田は医師会の重鎮である美咲の祖父、大貫にハートセンターの設立を検討していることを話し、協力を頼みます。

すると、大貫は濱田を全面的に信用し、快く引き受けてくれました。

その頃、児嶋は治療の甲斐もなく、亡くなってしまった患者の一人を松本と対応し終えた後、パソコンでその患者含めた他の患者のデータチェックをしていると、ペースメーカーを埋め込まれた患者のデータが削除されていることに気付きました。

すぐに、照円が濱田を問いただすと、濱田はデータを削除したことを認めました。

さらに、自分の不正を公にすれば、ハートセンター設立が遠のいて沢山の子ども達が命を落とす、3歳の美咲の深刻な症状など問題山積みの状況。そこで、この不正にあえて誰もが目をつぶれば、人の命を救うきっかけになると持論を貫き通します。

照円は子どもの命など守る必要のある患者のこともあるのは事実なので、言葉を詰まらせてしまいました。

慶次(泉谷しげる)にも癌の新薬の治験を提案。彼はすんなりと受け入れ、治療に励むことに。

そんななか、幼い子どもがいて、ひき逃げ事故に巻き込まれた女性が。身元が分からず、家族が誰も迎えに来ないことに違和感を感じます。

やがて彼女がシングルマザーであることや、濱田がケアしている子どもに流行りのキャラクターもののグッズをいくつか持っていることから、その患者の家に一人取り残されている娘がいると察知。照円と児嶋はすぐ救出に向かうのでした。

その頃、美咲の手術をすることになった濱田と田沼。ですが、照円は、今自分が引き受けている患者に娘がいて、家に閉じ込められていることを訴えると、濱田が握っているその患者のデータがほしいと頼みます。今、松本たちが診ている患者は、濱田が以前、ペースメーカーを入れていたからでした。

急いで、その患者、小塚の家へ急ぎますが、警察は他の事件を追っていて、立ち入りができないと言ってきたのです。松本たちは連携プレイで小塚の家に侵入し、彼女の娘を救出することに。

その前に、三宅(中谷美紀)長見(うらじぬの)などが、救急救命センター長、玉井(萩原聖人)の気を引かせている間に、小塚の家の鍵を玉井のバッグから盗み出す事に成功しました。

松本と田中(片寄涼太)は、小塚のアパートへ到着。散らかり放題の家から、小塚の娘、栞奈がようやく見つかりました。

小塚の娘、栞奈は見たところ保育園に通うような女の子。意識がはっきりせず、押し入れでぐったりしていたところを松本と田中が保護し、あおば台病院へ搬送。

栞奈は松本が何度も呼び掛けて、意識をようやく目を覚ましました。

玉井に後々、ばれましたが、玉井は松本らがしたことをとがめず、理解を示してくれました。そして、警察に事情を話に行くと出ていきます。

小塚親子はようやく病室で再会し、お互いを再認識するのでした。

美咲の手術を無事、終えた濱田ですが、「濱田の次に優秀」と言われていた田沼が、お金のために患者の治療にあたっていた本性を見抜いた濱田は、田沼を激しく叱りつけ、彼に解雇を言い渡すのでした。その様子を濱田の右腕的存在、瀬川(安井順平)もどちらが正しいのか見極めていて、納得しながら見守るのでした。

その頃、美咲の容態が急変!松本が駆け付けます。彼女の命を今度は、松本が救出することに。

美咲がまさか急変するとは予想外でしたね。

その頃、美咲の容態が急変したとは知らず、ハートセンター設立地の原っぱに寝そべり、微笑む濱田。

とてもつらいラストでしたが、松本はきっと栞奈のように美咲のことも最後まで助けてくれると信じています。次回9話もお見逃しなく。

 病室で念仏を唱えないでください8話感想

一人の子ども、美咲と小塚親子の命・・・どちらも無事助かってほしいという思いでした。

美咲ちゃんと栞奈ちゃん。二人のまだ楽しいこともある成長期の女の子の異なるエピソードはハラハラドキドキでした。

濱田は松本からしたら腹黒い医師ですが、子どもを助けたいという思いがわずかにあるのが伝わりました。自分が昔、心臓の手術をしていて、助かった経験からでしょう。

栞奈ちゃんは意識がはっきりしなかったけれど、ようやく目を覚ましまして良かった。

松本が必死に呼びかけて、「ママが待っている」という言葉が栞奈の生きたいと思う原動力なのではないでしょうか。

栞奈の母が、「カンナ、ごめんね・・・つらかったね」とまだ声も途切れ途切れに口にしながらも、娘に話しかけたところは涙が。

栞奈の笑顔、可愛かったですね。部屋がめちゃくちゃでネグレクトさえも疑いましたが、だけど、栞奈との信頼関係ができていたところは救いでした。

美咲ちゃん・・・どうか助かってほしい。まさか、濱田と田沼の手術は失敗した?!予測不能の真実は次回9話で!

data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">
data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください