ハケンの品格2020

ハケンの品格2020 最終回 さらば!大前春子!S&Fのメンバーと春子が見つけた新しい居場所

ハケンの品格2020 最終回あらすじネタバレ

里中(小泉孝太郎)からの告白に、春子はすぐには返事をしませんでした。

里中(小泉孝太郎)が、人生を賭けたコンビニ企画でしたが、パイロット店舗での内覧会で、株主や投資家たちには酷評でした。

 本来のターゲットである働く女性や、育児を頑張るお母さんたちとは彼らとは客層が違ったのです。

 さらに、宮部社長(伊東四朗)は、大前春子(篠原涼子)提案のレジ横で売るアジフライを止めるように命令します。

 AIによると、アジフライで死回向する確率はかなり低い模様です。

春子を信じた里中は、宮部社長の「AIと大前春子の勝負」と毒づく言葉に、勝負をすることを提案。

そこで、囲碁将棋で対決することとなりました。

S&Fと契約しているAIのコンサルティング株式会社のスタッフがS&Fを訪ねてきました。

戦い方はみんなの想像を上回り・・・春子は負けてしまいました。

春子に対して、東海林と里中は、なぜ、春子があえて負けたのか追求。

AIのほうが人間よりも優秀だし、無駄な社員をリストラしてハケンを労働力として利用する企業を長い間、渡り歩いてきたという春子。

AIに勝つために、囲碁将棋対決をすること事態、最初から「無駄」だと思っていて、将棋の駒を使って、「無駄」と文字で意思表示をするほど。

何度失敗しても働くことは生きる事・・・里中にはそうアドバイスをした春子ですが、次の手を彼女は考えていました。

 ターゲット層の育児をする女性客をコンビニの内覧を集める時が近づき、夜中に、海へと出てとってきたアジを会社の厨房で早速、揚げる春子。

 ところが、S&Fのドローンが春子を「不審者」扱いし、春子は警備員に連れていかれてしまいました。

S&F市場のコンビニでは、アジフライを無事、販売することに成功。

東海林は春子が揚げたアジフライをコンビニ企画の内覧会に訪れた客に振舞います。

春子は過去の経験と同じく、アジフライの被り物をして、東海林が作った原稿を読んで得意のウグイス嬢でピンチを切り抜けました。

アジフライはたちまち、大人気になり、買い求める客が殺到する好調ぶり。

春子は里中に、今日は「無駄な一日」だったと告げ、仕事を終えますが、帰り道、誰にも見せず涙を流すのでした。

しかし、春子はS&Fのキッチンでアジフライを作り、S&F警備のドローンを破壊したことがきっかけで、派遣切りとなりました。

里中はそのことをみんなに話し、春子にとって、「ウグイス嬢」をしてアジフライを販売し、里中と東海林のコンビニ企画が最後の仕事だったのでした。

春子の解雇を撤回してくれないか?と社長の宮部に訴える里中ですが、春子のような有能なAIに近い人間がいてくれればS&Fのみんなは安心できるのだと反論。

そこで、東海林が前置きして春子がS&Fの警備会社のドローンを壊した失態を話した後、「大前春子は血の通った人間だ、自分達と同じ働く仲間だ」と宮部に豪気に訴えます。

しかし、宮部は、「春子は代わりの効くハケン」と派遣社員に対しての偏見を口にし、小夏や亜紀(吉谷彩子)などS&Fの社員と派遣を唖然とさせたのでした。

春子がS&Fを去ってから、里中が退職届を宮部に提出し、去っていきました。

その後、宮部は会社のパソコンでAIが自身を退職候補としてリストアップしたことに気付いたのでした。

1年後・・・。

宇野(塚地武雅)は、以前よりも社員や派遣への態度が丸くなりました。

宮部退職後、小山田(山田良明)が新しい代表に就任。

東海林や浅野(勝地涼)らは、S&Fで仕事を続けています。

一方、里中と井出(杉野遥亮)、亜紀、小夏は、里中が社長となり、田舎風の飲食店を経営。

そのゲストとして新人演歌歌手に転職した春子が、近(上地雄輔)を伴ってやってきました。

春子は相変わらず、東海林と口論し、里中や小夏、亜紀らと談話した後で、ステージに立って新曲を歌うのでした。

演歌歌手として新たな一歩を踏み出した「大前春子」と、これまでと違い、穏やかな環境で黒豆ビスコッティの新しい仕事に挑むS&Fの社員たち。

それぞれが、春子との出会いと別れを通して、「成長」した最終回でした。

来週からは、「私たちはどうかしている」が放送スタート!コロナから復帰した横浜流星さん主演で、浜辺美波さんとの不思議な関係性に注目です。

ハケンの品格2020最終回感想・みどころ

 春子が今まで史上、最大の「痛恨のミス」でしたね。

アジフライを通して、東海林と里中のコンビニ企画の力になろうと必死で、最終回はしっかり者の春子が、周りをよく見えていないなという気がしました。

AIと派遣の差・・・人間を「使う」、「雇う」よりも、はるかに優秀で敏速な働きができるAIの存在って現実味がありますね。

S&FのAI製作と導入に携わったコンサルティング会社の社員との囲碁将棋対決も、春子が無駄だと囲碁の駒で文字を作ったのも納得です。

東海林がどんなに「里中がお前を庇う為にアジフライを販売することを諦めず、コンビニ企画を続けたか・・・」と怒りの態度を表したとしても、派遣としての人生経験上や、現実主義者の春子が一番「これ以上動いても無駄」と判断するのは正しいと思いました。

ところが、形勢逆転で、「ハケンの品格」シーズン1でもあった、被り物のウグイス嬢が大うけして、春子特製アジフライが爆発的に売れましたね。

それでも、春子がS&Fの警備会社のドローンを壊した失態のフォローはできず、S&Fを去るしかない結果が切なかったです。

ラストで演歌歌手に転職した春子ですが、篠原涼子さんの歌を「愛しさと切なさと心強さと」以来、久々に聴けた「美味しい」ラストでした。

春子、演歌歌手になりたかったなんて意外ですが、夢をかなえられて何よりです。

S&Fのみんなも、春子が派遣として来てから心が成長していったと思います。

とくに、宇野!(塚地武雅)。

宮部に負けず劣らずの偏見が強くて、昭和な考えが多い部長でしたが、春子が去ってからは彼自身もこれまでの態度とは打って変わって、共に働く仲間に優しいまるくなった姿に感動しました。

以前よりも働きやすくなったS&Fにまたいつか、春子が再登場するのを楽しみにしたい最終回でした。

 

 

data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">
data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください