監察医朝顔2

監察医朝顔2 5話 ゲストは大竹しのぶ!桑原になにが?!

監察医朝顔2 5話あらすじネタバレ

朝顔(上野樹里)は娘のつぐみ(加藤柚凪)の祖父、浩之(柄本明)が暮らす仙ノ浦を訪れていました。

その頃、東京にいる光子(志田未来)は茶子(山口智子)が若林(大谷亮平)から告白を受けている姿を偶然、目にしているのでした。

朝顔の元へ、ある遺体を解剖するべきかどうか判断してほしいという案件が入りました。

朝顔が現場へ向かうと、なぜかとそこには丸屋(杉本哲太)の姿があり、岩手県警のベテラン刑事、佐山(才勝)と揉めていました。

自宅で遺体となって発見されたのは、71歳の甲田雅子。

8年前に脳梗塞で倒れた甲田は、娘の奈々子(池津祥子)に介護してもらっていました。

佐山は、幼い頃から知っている奈々子のことを疑うような丸屋の言葉に反発し、解剖に反対します。

その後、朝顔や、茶子(山口智子)、光子(志田未来)、藤堂(板尾創路)、高橋(中尾明慶)、藤堂の妻、絵美(平岩紙)、忍(ともさかりえ)、らが遺体を調べると、死後2日ほど経過しているにもかかわらず、奈々子が通報してきた日は今朝でした。

朝顔は解剖を行うべきだと丸屋たちに進言します。

一方で、就寝中の強風で吹き飛ばされてきた看板が窓ガラスを拭き破り、割れたガラスが刺さって死亡したと思われる宍戸慶介の解剖を行っていました。

宍戸は右太腿に刺さった硝子を自分で引き抜いたことが原因で失血死したと考えられました。

不運な事故ではないかと考える伊東(三宅弘城)。

だが、平(時任三郎)と森本(森本慎太郎)は、宍戸の胸の傷が気になり、本当に事故かどうかもう一度現場を調べる事にします。

同じ頃、朝顔は馬場の依頼で、奈々子の母に関する依頼を引き受けることになりました。

北上医大で雅子の解剖を行うことになった朝顔は、光子(志田未来)と絵美(平岩紙)に協力を求めて現地に来てもらいました。

朝顔が多忙ななか、保育園に通う娘のつぐみ(加藤柚凪)は、朝顔の祖父、浩之(柄本明)と浩之の知人の中年女性、奥寺美幸(大竹しのぶ)に面倒をみてもらうことに。

人見知りをしないつぐみはすぐに打ち解けることができました。

平は仕事に専念するなか、いきなり辞表届を山倉(戸次重幸)にみんなのいないところで提出していました。

若手育成の為、もう少し定年までいてほしいと頼む山倉に対し、やむを得ない事情で平は辞職する意思を伝えるのでした。

朝顔と絵美、光子は、奈々子の母が医師の処方を受けて使っている睡眠薬を娘の奈々子が飲ませて殺したのではないかという疑惑が。

桑原(風間俊介)は、メールをしてきた田村聖奈(中村里帆)という女性と会っていました。

その夜、朝顔はつぐみと浩之と共にほのぼのした一日を過ごします。

東京にいる平と桑原ですが、桑原は聖奈からの着信を平らに見られないように隠します。

ここでふいに、今、桑原が関わっているケースで、「気を付けてな、いろいろと・・・」と彼の身を案じる平。

翌日、宍戸のケースを調べていた伊東、忍、高橋、藤堂らは、宍戸が他殺で亡くなった真相にたどり着きます。

傷を受けてから治癒しようと、酵素が活性化することを指摘した高橋(中尾明慶)。

胸をナイフで刺された宍戸は意識を失い、部屋の窓ガラスが割れ、その衝撃でさらに怪我を負ったのです。

さらに割れたガラスが刺さったので、それをなんとかしようとガラスを抜き、失血死。

その頃、一人娘として母の介護をしていた奈々子は、雅子の死因が自死だと発覚。

いつもの薬を飲むふりをして、飲まなかったと主張する奈々子。

口には睡眠薬を口に含んでいた時に、口内炎ができ、口の中に睡眠薬をこっそり含んでいたことがわかりました。

口から吐き出した後、枕もとで吐き出したことも発覚。

奈々子は「あの人にしてはよくやるじゃん、あのまま死ねばよかった」と敢えて悪態をつきます。

しかし、朝顔は、奈々子の母の頬に、奈々子のマスカラの跡がついていることを知りました。

奈々子は本来は優しい人間ですが、介護疲れで母に悪態をついてしまうほど、彼女自身も追い詰められていたのです。

案件が解決し、朝顔は浩之を自分の家の東京に来るよう提案します。

しかし、浩之はそれを断りました。

この日は、浩之の元、仙ノ浦を去って、東京に帰る日です。

無事、家に帰ってきて、いつも通りの日常を過ごした朝顔。

浩之から朝顔の母で、彼の娘、里子(石田ひかり)と思われる歯を彼が見つけたことを桑原と平にその夜、話す朝顔。

その歯は3月に浩之が発見したとのこと。

歯の身元を調べるという朝顔に対し、娘の歯じゃなくて他の人の歯だという不安、娘の歯だと思いたい浩之の親としての心情なのでした。

自分が死ぬまでは調べないでほしいと朝顔に頼んだ浩之。

朝顔はそれを了承します。

朝顔は桑原に、自分がもし里子の立場なら、みんなに笑って穏やかに過ごしてほしいことを望むといいます。

もし、朝顔がいなくなったら、どんなことをしてでも探すし、平がずっと続けてきた行動や、彼の気持ちに共感できると答えた桑原。

もし、見つからなくても捜索を諦めないと答える桑原。

朝顔が翌日、出勤している間、桑原は大雨のなか、あのカフェで会った聖奈を追いかけていました。

なんと聖奈は、桑原が捜査していた事件の容疑者だったのです。

聖奈が止まらず、逃げ続けることを理由に、桑原は若い彼女に対し、突発的に刑事の行動ゆえに、発砲してしまいました・・・。

監察医朝顔2 5話感想・みどころ

今回は介護による悲しい結末、事故死だと思われていたら、他殺なんて・・・もう悲しすぎます。

介護は人の心を見失うほど自分が追い詰められていく・・・だからこそ、自分を大切にしてほしいと思いました。

奈々子がわざと悪態をついたのもなんか分かる気がします。

それに対し、奈々子の母が普段、医師から処方されている薬を用いて、娘に苦労をかけないために自死だなんて・・・。

奈々子の母の親心の深さが伝わります。

この親子の心が介護という誰もが直面する現実問題ですれ違う原因になってしまったと思うと涙が止まりませんでしたね。

殺されてしまった男は、誰かに恨みを買うような人には見えないのにいたたまれません。

最後に桑原と聖奈の関係が、刑事と容疑者でした。

聖奈が何の事件に巻き込まれているのか?彼女は加害者なのか?この辺りは来週に続きます。

桑原が聖奈を撃った音がしましたが、来週では、聖奈に刑事としてやむを得ず発砲した疑惑が向けられていますね。

万木家は里子のこともあるのだから、どうか穏やかな日常を過ごしてほしいものですが、朝顔が第1話で「この幸せがずっと続くと思っていた」という言葉の意味が今回の5話から、紐解かれているのを感じた5話でした。

data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">
data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください