ラジエーションハウス2

ラジエーションハウス2 5話 ラジハのコストカット危機に小野寺は?

ラジエーションハウス2 5話あらすじネタバレ

唯織(窪田正孝)ら、ラジハメンバーの共用冷蔵庫が故障。

悠木(矢野聖人)は、技師長が新しい冷蔵庫のセッティングを覚えるのを面倒くさがっていると指摘。

それでも、小野寺に唯織や黒羽(山口紗弥加)、軒下(濱野謙太)、裕乃(広瀬アリス)らは新しい冷蔵庫の申請を求めるのでした。

病院では経営陣に新たな医療機器や備品の購入許可を求める「備品選定委員会」が開催。

技師長の小野寺(遠藤憲一)はそこで冷蔵庫を申請しますが、院長の灰島(高嶋政宏)は、10万円の冷蔵庫を買う為に何人の患者のレントゲン検査をすればいいのかとぴしゃり。

結果、「それなりの結果を出してからにしろ」と言われて取り合ってもらえません。

灰島からある日、呼び出された小野寺技師長は、人件費のコストカットの為、技師の中から早期退職者を一人選ぶように命じられて困惑。

小野寺は「それは出来ない、他のことならどんなことでも考え直してほしい」と訴えるのでした。

すると、灰島は、セレブをターゲットに、高いサービスを提供するプレミアム人間ドッグの導入を提案してきました。

小野寺は早期退職者を選べと言われた内容を伏せ、プレミアム人間ドックを運営する帝光クリニックの見学をラジハ面々に提案。

今後のラジエーションハウスの方針について、「金がないとやっていけない」とお金に執着する技師長、小野寺の心境変化に違和感を覚える唯織たち。

杏のみ、小野寺が灰島からラジエーションハウスの誰か一人を人員削減の為に早期退職を求められている真相を知り、みんなには内密にします。

一泊二日で温泉旅行付きの高級旅館に行けると聞いて、希望する技師たち。

すると、杏(本田翼)が読影技術を学びたいので、見学に行きたいと願い出ます。

放射線の技術を学びたいと訴え、唯織は杏のことが好きなので、当初は患者の治療が疎かになるのでは?と言いつつも、心動かされるのでした。

くじの結果、唯織、杏、広瀬裕乃(広瀬アリス)、田中(八嶋智人)、小野寺の5人が旅行へ帝光クリニックへ行くことに。

同じ頃、ラジエーションハウスでは、残された黒羽たまき(山口紗弥加)が、辻村(鈴木伸之)をからかう威能(丸山智己)と悠木(矢野聖人)を厳しく叱っていました。

辻村が杏を好きなことを知った上で、温泉旅行だから唯織が杏に夜這いをするのではないか?とありえないことを煽るからでした。

一方で、プレミアム人間クリニックの至れり尽くせりな対応に満足した5人。

唯織は小野寺が灰島から何かしら圧力を掛けられていることを見抜き、追求しますが、小野寺は誤魔化すのでした。

ラジエーションハウスでは、たまきが灰島と小野寺が会話していた内容の真実を知って、威能や悠木に伝えていました。

そんななか、旅館で人間ドッグを受けた唯織たちは、あるトラブルが発生。

同じ頃、人間クリニックで一人の患者が胸を抑えているのを見て、唯織は放置できず、声を掛けました。

その勘じゃ、西園寺豊は、その後、唯織に大丈夫だと言って温泉に入りますが、温泉に入っている途中、倒れてしまいました。

冠動脈に病気があり、早急な処置が必要でした。

しかし、プレミアム人間ドッグを導入する医師は、高いお金を出して人間ドッグを受ける患者優先だと言い、西園寺の件は救急車を呼ぶようにと唯織たちに伝えました。

この非常な対応に唯織たちが処置を行い、何とか西園寺は一命を取り留め、容体も安定。

裕乃は甘春総合病院が、プレミアム人間ドッグを導入することは今日、自分達が遭遇した西園寺のような急患で、見放せば命の危機にある患者を蔑ろにしてしまうのではないかと意見しました。

その言葉に他のラジエーションハウスの面々は納得するものの、経費を削減しなくてはかかる費用が増えるし、自分達も変わらなくてはいけないと口にする小野寺に、違和感を覚える裕乃。

しかし、杏は小野寺には彼なりの何か考えがあるはずだと諭すのでした。

ただし、唯織は小野寺にだけは本音を呟きます。

「このまま、プレミアム人間ドッグを導入する病院の真似事をするよりも、甘春総合病院は甘春総合病院らしいことをすればいいと思う」と異論を唱えるのでした。

翌日。

旅行から帰っても、金の亡者になりつつある小野寺に反発する唯織たち。

売り上げを上げるため、CT検査をエコー検査に切り替えるよう、ラジエーションハウスの面々に指示したのです。

ところが、CTのX線管球が故障し、X線管球が切れかかるエラーが発生。

無料でCTを交換するには、一番安いプランに灰島ら上層部が設定してしまっているので、今、保証対象外の時に交換すれば2500万円も費用が発生すると文句を言う小野寺。

それに対し、黒羽、威能、軒下、田中、裕乃、悠木は小野寺への怒りを爆発させました。

ここで、杏がこれまでトラブルが起きても、臨機応変な対応で、患者を救ってきたからこそ、別の方法で対処することを提案。

鏑木(浅野和之)や、消火器外科医の品川道夫(登坂淳一)も、杏から事情を聞いて、協力してくれました。

唯織は小野寺にエコーを担当させ、胆嚢炎の患者の対応を任せることに。

急患のCT検査をエコーに切り替えて対応することに。

小野寺はエコー検査においては長けた技術を持っているからでした。

なんとか1日患者の命を救うことができたものの、治療方法を変えたことで灰島は激怒。

「あの、売り上げだけが全てですかね?豪華で素晴らしい施設を紹介していただき感謝していますが、うちのラジエーションハウスにはああいうのは似合いません。検査するだけなく患者に寄り添った医療を提供するのがうちの売りです。そのために我々はここにいます」

小野寺は灰島に反発し、灰島は小野寺に嫌味ったらしく退職することを命じます。

唯織たちは、ラジエーションハウスの現場で使っているコーヒーメーカーや紙の削減を訴え、小野寺を庇いますが、灰島は放射線技師一人を雇うのとはお金のわけが違うと反論。

それでも、鏑木が駆けつけ、先程の胆嚢炎の患者は小野寺のエコー技術のお陰で手術も成功し、容体も安定したとの報告をしてきました。

小野寺の技術やエコー検査に切り替えたからこそ、患者を救えたのに、そんなことも病院長の灰島が見抜けなかったとは・・・と口にする鏑木。

結果、小野寺が退職しなくても済みました。

小野寺は皆に密やかに競馬を利用して冷蔵庫を買おうともしていましたが、失敗。

唯織たちの元に、CT検査機器を取り扱うメーカーの技術者、元村(上島竜兵)が、CTのX線管球の対応をしてくれただけでなく、唯織たちに新しい冷蔵庫を提供してくれました。

ラジエーションハウスの面々は、患者のどんな小さな変化も見落とさず、優しい医療を提供することをモットーにまた放射線技師としてそれぞれ精進することを決意するのでした。

ラジエーションハウス2 5話感想・みどころ

いつも患者第一の医療や治療法を考え、CT検査やエコー検査の指示を行う小野寺が、ラジエーションハウスから早期退職者を減らすためとはいえ、灰島の言うことに同意し、必要以上にコストカットを唯織たちに訴える心境変化に戸惑うラジハメンバーの気持ちに共感。

小野寺技師長、どうしちゃったの?って思いましたが、本当は優しく、自己犠牲的な道を選んでしまう不器用な小野寺が切なかったですね。

灰島ってとことん、唯織たちが放射線技師が気に入らなくて、病院の経営の為なら、圧倒的に圧をかけ、尽くねちねちと嫌味を言うので、彼こそが甘春総合病院から出て行ってほしいと思いました。

もっと病院全体のことを考えられる院長、いないのかなぁ。

唯織たちが宿泊したプレミアム人間ドッグと温泉旅行付きプランの医師も、人の命を何だと思っているのやら・・・。

目の前に心肺停止状態の西園寺がいるというのに、高額な費用を払う人間ドッグ対象の患者以外は知らぬ存ぜぬな態度で、灰島と性格が少し似ているなと思いました。

小野寺のエコー技術の高さだけでなく、今回はラジエーションハウス1期では唯織たちに不平不満を口にしていた鏑木が「2」では改心し、縁の下の力持ちになっている描写に心温まりました。

誰もラジエーションハウスから早期退職者を出したくない、みんなに壊れた冷蔵庫を買ってあげたい小野寺技師長の優しさが、唯織たちとすれ違ってしまった5話でしたが、抜群のチームワークで今回も胆嚢炎の患者を救うことができて良かったです。

医療機関内の人員削減や、経費が絡んだエピソード今、企業でのコストカットに悩まされている視聴者さんたちにとって考えさせられる5話でしたね。

次週のゲストは、片寄涼太さんです。

data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">
data-ad-format="rectangle" data-full-width-responsive="true">

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください